福島へ

東北地方太平洋沖地震から1ヶ月以上が経過しました。
4月17日より1ヶ月間、福島県の郡山を中心に損害調査という形で現地協力をしてくることとなりました。
いまだに続く地震や原発の問題などありますが、この目でしっかりと現地の様子を見て何よりも、専門知識をもって少しでも現地協力ができればいいと思っています。

都内で現場も複数進行しておりますので、何度か行き来することになると思います。
東京事務所が不在になりますので、新規のお問い合わせ等は伊豆事務所へお願いいたします。

DEARCHITECT
[PR]
by dearblog | 2011-04-16 00:44 | 事務所紹介 | Comments(0)

セルロースファイバーの断熱材の施工に立ち合ってきました。
100%が古新聞や電話帳などのリサイクル古紙を微小に粉砕し綿状にした木質系の天然繊維断熱材でシックハウス等の有害物質を一切含まない断熱材です。

一般的に使われる、グラスウールの数倍から十倍の高密度に充填されて断熱材内部の空気は動くことが出来ないので、火災の炎すら侵入できないと言われています。

コストは一般的なグラスウールと比べると割高な事もあり、採用されるケースは少ないのですが、今回は断熱性能を優先してセルロース断熱材を採用しました。
a0147057_20382940.jpg

充填している様子です。
a0147057_20425185.jpg

セルロースをホースで圧そうしていきます。
a0147057_20454169.jpg

しっかり充填されているかをチェク
a0147057_20455290.jpg

たっぷり、ずっしり、充填されました。

もう少し、コストが抑えられれば採用に踏み切りやすくなるのですが、現状ではなかなか難しい部分でもあります。「住まう人が何を優先したいか」それに対する提案の引き出しをもっと増やしていきたいです。




DEARCHITECT設計事務所
[PR]
by dearblog | 2011-04-11 21:15 | 東京 | Comments(0)

Brian McKnight Back At One

a0147057_044958.jpg





DEARCHITECT設計事務所
[PR]
by dearblog | 2011-04-04 22:12 | music | Comments(0)

都内にて、構造体のみを残し、水廻りを含めて全面改装するリフォームがスタートしました。
すでに解体工事が終了し、これから本格的に内装工事がスタートします。

今回は、解体してみないと分からない構造躯体のチェックと改修範囲の確認をしました。

a0147057_1211097.jpg


a0147057_12182027.jpg

外部からの雨水の浸入も目視で確認でき、屋上防水やサッシ廻りの止水も含め、バリアフリー、断熱性能の向上など基本的な部分を確実に向上させるリノベーションになります。


DEARCHITECT設計事務所
[PR]
by dearblog | 2011-04-02 12:28 | Comments(0)

伊豆生まれの建築家のブログです。別荘やデザイン住宅の設計をしています。