香川県に位置し、瀬戸内海に浮かぶ直島へ行くことが出来ました。
a0147057_0122996.jpg

雑誌でよく見ていた草間彌生「赤かぼちゃ」が港でお出迎えしてくれました。
a0147057_034716.jpg
 
「南瓜」 草間彌生

直島はベネッセアートサイト直島という、島全体を使った現代美術展、無人の古民家を買い上げて保存・再生し現代美術のインスタレーションの恒久展示場とする「家プロジェクト」があり、
安藤忠雄設計の「地中美術館」
a0147057_0212477.jpg

こちらも安藤忠雄設計の李禹煥美術館
a0147057_0223715.jpg

小さな島ですがまさにアートの島となっていました。

連休中ということもあり、地中美術館について入場制限がかかるほど賑わっており、もっとじっくりと見てまわりたかったのですが、感想は「また行きたい!行って良かった」と思える充実した直島のアートたちでした。

特に「地中美術館」は今まで見てきた美術館とは一味違い、わずか3人の作家の作品を恒久展示し、個々の作品ごとに、作品を体感する建築空間を構成するというもので、建築と作品が一体化してアートとなり、空間が作品と訴えるようなスケールの大きさを感じました。
当然館内の写真撮影はNGなのでご紹介できなくて残念です。
僕の好きな印象派、クロード・モネの晩年の睡蓮も見ることができました。

近年のアートの特徴として、「作品」というものが空間であったり、視覚や五感に訴えるものであったり、古いものとの対比や組合わせなどといったダイナミックなスケールで発表されるようになってきていると思います。やっぱり感動のある作品は大好きです。

a0147057_055670.jpg

こちらは、小豆島のギリシャ風車
小豆島は、オリーブ栽培に日本で初めて成功したというだけたって、至るところにオリーブが植えられていて印象的でした。
a0147057_11393.jpg

a0147057_111654.jpg

二十四の瞳の映画村にも行ってきました。
昔の木造校舎が海辺に建っていました。ランダムにスリガラスが配置されてキレイでした。

四国全県を渡り歩き、四万十川の沈下橋を見たり、美味しくて安くてボリューム満点のセルフ讃岐うどんや高松の骨付鳥、高知のカツオや栗焼酎など・・色々ありましたが、またの機会に。


家/別荘づくり応援プロジェクト

DEARCHITECT設計事務所
[PR]
by dearblog | 2011-09-28 01:12 | こだわり♪

房州石の産地、鋸山へ

房州石の産地として知られる、千葉県富津市と鋸南町の境にある鋸山(のこぎりやま 標高329.4m。 )
へ行ってきました。
山は凝灰岩から成り、建築などの資材として適している。そのため古くは房州石と呼ばれ、良質石材の産地として、江戸時代から盛んに採石が行われた(石切場跡は現在も残存する)。
a0147057_22531958.jpg

結果、露出した山肌の岩が鋸の歯状に見えることからこの名で呼ばれるようになった。
靖国神社や早稲田大学の構内にも利用されている。採石は昭和50年代を最後にとだえ、現在鋸山は観光資源として利用されている。(Wikipediaより)

実際に行ってみると、見所が沢山あり楽しいプチ登山となりました。
a0147057_2312584.jpg

石切跡が今でも確認でき、想像以上にスケールが大きい石切場でした。
a0147057_23145245.jpg

百尺観音。昭和41年に6年の歳月を費やして完成した巨大な磨崖仏で、高さ100尺(約30m)というのが、その名の由来。
a0147057_23184836.jpg

薬師瑠璃光如来。なんと日本最大の大仏さまです。
a0147057_2326227.jpg

頂上付近にある「地獄のぞき」

石の産地というと伊豆石や真鶴の小松石などは実際にみてきましたが、今度は栃木県の大谷石の産地、大谷資料館にも行ってみたいと思っています。


DEARCHITECT設計事務所
[PR]
by dearblog | 2011-08-06 23:40 | こだわり♪

尾瀬ハイキング

小学生の頃から行きたかった、尾瀬へ行ってきました。

東京駅を夜出発し、翌日5:00に尾瀬の鳩待峠に到着し、同日16:00に尾瀬周辺の温泉でさっぱりして21:00に新宿着というお手軽バスツアーを利用しました。
a0147057_2041949.jpg

a0147057_20471666.jpg

a0147057_23442542.jpg

ミヤマシシウドの花

福島県・新潟県・栃木県・群馬県の4県にまたがる高地にある盆地状の高原である尾瀬は、東京などと比べると平均気温が10℃程低いのですが陽射しを遮るものがない湿原では、今の季節がちょうどいいハイキングシーズンとなっていました。
a0147057_211328.jpg

こだわりのキャンプ道具、プリムスの153ウルトラバーナーを持ち出し温かいコーヒーブレイクも楽しみました。
携帯性が良くコンパクトで軽量なボディでありながら、3600kcal/hと圧倒的なパワーを持ち、スマートなデザインです。風にも強いのでお気に入りのアイテムです。
a0147057_2183983.jpg

a0147057_23454977.jpg

環境に配慮した木道が印象的でした。
ゴミ捨て場はなく、ゴミは持ち帰りとなっていました。ゴミの持ち帰り発祥の地でもあるそうです。

夏の尾瀬、ニッコウキスゲの花は見れたので今度は春の水芭蕉を見に行ってみたいです。


新しくデジタル一眼を購入して一眼デビューを果たしました(笑)
もっと勉強して素敵な写真を撮ってみたいと思っております。







DEARCHITECT設計事務所
[PR]
by dearblog | 2011-07-28 21:23 | こだわり♪

仙台の秋保大滝

仙台市太白区の山奥にあり、日本の滝百選のひとつでもある

秋保(あきう)大滝に行ってきました。
高さが55mあり、一度見てみたかった滝でした。

a0147057_1531627.jpg

a0147057_1533066.jpg

ここから約20分かけて滝の近くまで山下り・・・
a0147057_1535742.jpg

a0147057_15354315.jpg

しぶき が高く舞い上がり滝壷一帯はひんやり気持ち良かったです。
東北六魂祭が開催されている仙台市の秋保大滝

もう一度、行ってみようと思います。

DEARCHITECT設計事務所
[PR]
by dearblog | 2011-07-17 15:47 | こだわり♪

サヴォア邸のお土産

ル・コルビュジェ設計による名建築 サヴォア邸に新婚旅行で行ってきた友人からもらった、ユニークなポストカード
a0147057_14473218.jpg
a0147057_1448557.jpg
a0147057_14481574.jpg

シンプルな仕掛けでサヴォア邸が昼から夜に変化します♪

なんかとても気に入ってしまいました 笑。
これをセレクトしてくれた友人に感謝。

フランスのパリ郊外にあるサヴォア邸は1930年頃の住宅で20世紀最高の住宅建築のひとつといわれ、車の旋廻最小半径にあわせて1階にガレージを配置したり、プロムナード(建築的散策路)という坂道を家の中につくったりと、楽しくなる要素がぎっしりつまった個人住宅で、最近では、コルビジェ建築すべてを世界遺産にしようといった動きもあるようです。

僕の中では、ミース・ファン・デル・ローエのファンズワース邸と並び、大好きな住宅建築です。


deArchitect


人気ブログランキングへ
[PR]
by dearblog | 2011-01-23 15:15 | こだわり♪

富士山へ

登ってきました!

8合目の山小屋で仮眠して日の出を頂上で眺める登山スケジュール♪


頂上で日の出を待つまでの気温がおそらく2~3℃くらいで結構大変な思いをして待つ夜明け・・

a0147057_2174114.jpg

じわっ・・じわっ・・と現れた太陽に 感動・・。

deArchitect
[PR]
by dearblog | 2010-08-27 02:29 | こだわり♪

キャンプ

毎年お盆の恒例行事となった稲取・細野高原でのキャンプ。
a0147057_2272711.jpg

湧水を引いた美味しい水道と便所という最低限の設備が備わった
いつ行っても完全貸切状態の夢のような場所で眠らぬ夜を過ごします!
a0147057_2511957.jpg

かれこれ毎年欠かさず10年以上のキャンプ歴があり、アイテムにもこだわりがあります♪
a0147057_1474069.jpg

Coleman社 Northstar2000 

ガソリンランタンで内圧を高めてガソリンを噴射するため、ポンピングといってシュコシュコとマメにやらなければならないのですが、そこに愛着があり愛用しているメインランタンです。
(少し見えているテーブルはシナ合板t21mmクリア DIYキャンプ仕様)

a0147057_1553310.jpg

LODGE社 ロジック キャンプオーヴン 12インチ Deep

このDeepというのがポイントで、ダッチオーヴンの醍醐味であるスタッフドチキン(鶏の丸焼き)をつくるのに最適なサイズなのです♪

アメリカ西部開拓時代が起源といわれるダッチーヴン。
煮る・焼く・蒸す・揚げる・炒める・茹でるといったあらゆる調理を簡単に、
しかも美味しくできる無敵の鉄鍋。

鋳鉄製のこの鍋は、いきなり使用するとすぐに錆びてしまいます!

鋳鉄には無数の微小孔があり、それらを油で埋める「シーズニング」という儀式が必要で、ガソリンランタン同様でとても手間がかかるところが愛すべきポイントなのです(笑)

無塩の上質オリーブオイルをまんべんなく塗り、香の強いネギなどを炒めて鉄臭さを消すのです。
使えば使うほど黒光りして、「ブラックポッド」といわれ、ダッチオーブンオーナーは密かに黒さを競い合っています(笑)
a0147057_2173714.jpg

友人の精肉店で2~3kgの丸の鶏をゲットして、お尻からパン・玉ねぎ・レバー・ニンニクを詰込んで・・
焚き火に放り込み30分。更に置き火といって蓋の上にも炭をかけて1時間強・・
a0147057_2204619.jpg

完璧な出来に当然テンションは上がります!
味はケンタッキーフライドチキンをさらに美味しくした感じです♪
a0147057_228335.jpg

蓋はフライパンにもなり、更に反対にして使うとジンギスカン鍋風にもなり、まさに万能鍋。
a0147057_2313176.jpg

こちらは野菜そうめん氷乗せ。

キャンプ用品は他にもこだわりのアイテムが目白押しなのですが、またの機会に(笑)

地元の同級生が一同に集まる真夏のキャンプ。
この楽しさは、なにものにもかえられません!

実は毎年欠かさず続いているキャンプが今年はまだ予定がたっていないのです・・
お盆&ペルセウス流星群極大というこのタイミングが最高なのですが、また改めて計画します!
a0147057_311717.jpg

deArchitect
[PR]
by dearblog | 2010-08-15 03:03 | こだわり♪

10000杯!?

建築の仕事を始めて10年になりました。

最初から変わらず近くにあったマグカップは本当にお気に入り♪
ドイツ製で安定感が抜群!

徹夜したり。感動したり・・・

すべて知っているマグカップです。

仕事している日は4杯以上はコーヒーやお茶を飲むので
ざっくり1日2杯×10年=7300杯

こういう回数を正確に知りたいときありませんか(笑)
あいまいだから想い膨らむものですかね。。
a0147057_14391151.jpg

世間はワールドカップで盛り上がっていますね。

大切に使いたいマグカップです!


ディアーキテクト設計事務所
[PR]
by dearblog | 2010-06-17 14:45 | こだわり♪

ダウンフォース

名刺を作っていました。

そしたら、F1雑誌を読み漁っていた中学生のころ感動した実験を思い出してしまいました。
それは、名刺サイズの厚紙で作成するダウンフォース実験。

F1におけるダウンフォースとは、「クルマを路面に押え付ける力」
これが不足するとハンドルを切ってもクルマが曲がらない。
もっと足りないと、逆に「揚力」が発生し飛行機のように離陸してしまいます。

つまりクルマと飛行機は正反対の力学を駆使したハイテクマシンなのです。
ダウンフォースを発生させる簡単な方法は「ウイング」を付けること。
F1のクルマの前と後ろについているアレです。

「ウイング」の欠点はドラッグ(抵抗)になることで、
この抵抗を下向きのダウンフォースに変換しています。

そして、もうひとつダウンフォースを発生させる方法があります。

a0147057_1103895.jpg

クルマの底と路面との間に発生する力で
「グランドエフェクト」や「ベンチュリー効果」などと
言われ走行中の速い空気が、クルマと路面の狭い空間を勢い良く通過することによって
負圧が発生してクルマと路面を吸い付ける力が発生する という現象です。

上の写真が久しぶりに作ってしまった実験装置です♪
さぁ!息を思い切り吹き込んだらどうなるでしょうか?

その隙間に本気で息を吹き込んでみます。
後ろにひっくり返りそうですが、ピタリ。ビクとも動かないんです!

ストローを使い、水平な一枚の下側から上に向けて本気でフーっとやっても・・ピタリ。
吸い付きます。

中学生の時、感動しました。

長くなったのでF1実験はまたの機会に。

中学生並の好奇心をお持ちの方は、是非お試しください!

a0147057_129287.jpg

F1に関係する愛すべき建築。

関西国際空港ターミナルビルや銀座メゾン・エルメスなどでおなじみの
イタリア人建築家 レンゾ・ピアノ設計のフェラーリ社風洞実験棟です。



ディアーキテクト設計事務所


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by dearblog | 2010-02-28 01:54 | こだわり♪

コーヒータイム♪

毎日の楽しみ♪ コーヒータイム

未だに自分の定番コーヒーを探求中です☆


くつろぎのひとときなので、アイテムにもこだわりがあります。

shopで一目惚れしたコーヒードリッパー♪

アネッロ 珈琲ドリッパー

a0147057_32822.jpg

抽出穴とかチェックしたい所もあるけれど、もうこれは!

デザイン重視で愛用中です!

うんうん!これで仕事がもっと楽しくなる!

ディアーキテクト設計事務所


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
[PR]
by dearblog | 2009-12-29 03:08 | こだわり♪

伊豆生まれの建築家のブログです。別荘やデザイン住宅の設計をしています。