大丈夫か?F1サウンド!


来年からF1はレギュレーションが大きく変わり、エンジンが、現在の排気量2.4L・V型8気筒自然吸気エンジンから1.6LのV6直噴ターボに変更になります。
小型化されターボに。この流れは市販車のトレンドに合っているので、かつてのようにF1のハイテクが市販車にフィードバックされることが期待され歓迎すべきことです。

が、F1ファンの心配ごとは、エンジン音です。
90年代には、フェラーリV12に代表される、大型で燃費は悪いけどハイパワーと「かん高い」突き抜けたエンジン音やフォードV8ゼテックRのような燃費の良いコンパクトなエンジン音、TCS(トラクション・コントロール・システム:駆動力をコントロールして、アクセルを全開にしてもタイヤをスリップさせずに適切な摩擦を路面に伝えて推進力を得る装置)の作動している音など、サーキットで個性的な爆音が聴けることがF1の醍醐味でした・・。
来年からは、ヴォリュームダウンは必至です。

慣れていくものでしょうが・・やっぱり切ない。
それでも、最高の技術と最高のドライビングテクニックを披露する場である限り、F1は魅力的なものであり続けると信じて。早くも開幕を楽しみにしています。






都内のデザイン住宅・静岡県の別荘建築を手掛けるDEARCHITECT設計事務所



人気ブログランキングへ
[PR]
by dearblog | 2013-12-04 01:55 | こだわり♪ | Comments(0)

伊豆生まれの建築家のブログです。別荘やデザイン住宅の設計をしています。