セルロースファイバーの断熱材

セルロースファイバーの断熱材の施工に立ち合ってきました。
100%が古新聞や電話帳などのリサイクル古紙を微小に粉砕し綿状にした木質系の天然繊維断熱材でシックハウス等の有害物質を一切含まない断熱材です。

一般的に使われる、グラスウールの数倍から十倍の高密度に充填されて断熱材内部の空気は動くことが出来ないので、火災の炎すら侵入できないと言われています。

コストは一般的なグラスウールと比べると割高な事もあり、採用されるケースは少ないのですが、今回は断熱性能を優先してセルロース断熱材を採用しました。
a0147057_20382940.jpg

充填している様子です。
a0147057_20425185.jpg

セルロースをホースで圧そうしていきます。
a0147057_20454169.jpg

しっかり充填されているかをチェク
a0147057_20455290.jpg

たっぷり、ずっしり、充填されました。

もう少し、コストが抑えられれば採用に踏み切りやすくなるのですが、現状ではなかなか難しい部分でもあります。「住まう人が何を優先したいか」それに対する提案の引き出しをもっと増やしていきたいです。




DEARCHITECT設計事務所
[PR]
by dearblog | 2011-04-11 21:15 | 東京

伊豆生まれの建築家のブログです。別荘やデザイン住宅の設計をしています。