江戸城・皇居の美しい石積

皇居周辺をよくサイクリングしています。
いつも気になる、お堀の石積みをパチリ。
a0147057_0202291.jpg

なぜ美しく見えるのか。
やはり、端部にきちんと成形された角石(すみいし)の存在だと思います。
垂直方向にも若干Rのアンジュレーションがありエッジがきいています。
もちろん復旧・修復されている箇所もありますが、切込みハギという手法で今に残ります。
a0147057_0204378.jpg

こちらは大老・井伊直弼暗殺・桜田門外の変の桜田門。
今は皇居ランナーが物凄い勢いで通過するためサイクリング中は要注意地点です。やはり要所をおさえた石のラインがキレイです。


そして、皇居の石のルーツは伊豆に・・・


江戸時代初期に「江戸城築城石」として宇佐美や伊豆から江戸へ運び込まれたといわれています。
港のあった稲取からも運ばれ、地元では畳石や、ぼなき石といわれ諸説ありますが小学校でその壮絶な歴史を学びます。

伊豆は「伊豆石」と総称されるように石の産地。
真鶴系安山岩を本小松石
東伊豆系安山岩を小松石 といったりもします。

今の皇居にもきっと伊豆の石がある!そう思いながらサイクリング♪
気持ちがいいです。

東京の人に馴染み深い皇居。
1日あたり約5000人ともいわれる皇居ランナー人口。

皇居の石は伊豆からやってきた!

うまくPRして「御石曳き」をもっともっとクローズアップして皇居ランナーを御石曳き祭りに!なんて町興し・・面白いとおもいます。。

ディアーキテクト設計事務所

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ブラン at 2010-04-27 10:46 x
恵那石です!恵那石じゃないとダメです!
懐かしいですねぇ。
Commented by dearblog at 2010-04-28 02:13
こだわりの「ビシャンたたき仕上」またやりたいですね!
by dearblog | 2010-04-27 00:12 | 東京 | Comments(2)

伊豆生まれの建築家のブログです。別荘やデザイン住宅の設計をしています。